ビジョン

ビジョン ① クリーンなエネルギーを世界へ ② 発電事業による地方創生 ③ 電力システムの未来創造

企業理念

企業理念 自然の摂理にのっとり 限りない人類と 平和な未来に繋がる社会を創造する

事業内容

HIS SUPER電力は、再生可能エネルギーを利用して発電・電力供給を行う会社です。安定した燃料等の確保にはじまり、発電事業用地取得や発電・電力供給に至るまで、他社との連携をも織り込みながら発電事業を推進します。環境保護の観点から、石油・石炭から自然にやさしい燃料への転換とエネルギーの効率化、生産方法や蓄電方法の技術革新が進むことは必須で、循環型の社会になっていきます。バイオマスに限らず太陽光や風力などの自然エネルギーを含め、国内のみならず海外進出も視野に入れ発電事業を拡大します。

サステナビリティ

基本方針

化石燃料の枯渇

世界経済を支えてきた石油や石炭などの化石燃料は確実に枯渇の時を迎えます。昨今、省エネやCO2 削減などの動きが徐々に盛んになってきていますが、まだまだ化石燃料をもとにしたエネルギーに依存する割合が大きいです。現状のまま化石燃料を使い続け本当に枯渇が切迫した状況になり、貧富の格差や争いによって世界平和が侵害されることがあってはなりません。

サステナビリティ

再生可能エネルギーへの転換

化石燃料の枯渇の問題に向き合うためには、残された化石燃料を分け合って大事に使うこと、省エネやエネルギー効率の向上などによる使用量の削減、化石燃料から再生可能燃料への転換が必要になります。また、化石燃料の使用を減らすことは地球温暖化の一因となる CO2 排出量の削減にも非常に効果的です。しかしながら、化石燃料から再生可能燃料への転換は電気のスイッチのようにすぐに切り替えることはできませんので、ひとつひとつできることから速やかに実現させていかなければならない世界的な課題です。

サステナビリティ

パーム油について

土地や環境・労働といった問題点が指摘されていますが、その問題を解決するためにできたのがRSPO認証基準です。国際的にもこのRSPO(※1)認証や同等の認証を取ったもののみを取引の対象にする動きになっています。パーム油産業に関しては、いくつかの国々が主軸産業として成り立つよう、環境に配慮しながら生産に取り組んでいます。いろいろな角度から総合的に地球全体の環境保護や人類の創造的発展を考えるのであれば、パーム油産業に自国の未来を描く国々の取り組みや、パーム油の食品以外の化学品向けなどの利用拡大を支援することが大事です。HIS SUPER電力は、RSPO認証など健全に運営・生産をしていることが認証されたパーム油の普及・流通量拡大に貢献していきたいと考えています。

HIS SUPER電力株式会社は2019年3月22日にRSPO正会員の一員となりました。
https://www.rspo.org/members/9068

2019年4月18日に経済産業省で行われた「第1回・総合資源エネルギー調査会省エネルギー・新エネルギー分科会 新エネルギー小委員会・バイオマス持続可能性ワーキンググループ」では、パーム油を含む全ての植物油が石油・石炭に比べ温室効果ガス排出量が少ないとの調査結果が示されています。
https://www.meti.go.jp/shingikai/enecho/shoene_shinene/shin_energy/biomass_sus_wg/001.html

持続可能なパーム油の調達ガイドライン

HIS SUPER電力は、資源の制約や地球温暖化などの環境問題、生物多様性の劣化、人権問題(※2)など、持続可能な開発におけるリスクを認識し、持続可能な燃料の調達に取り組みます。事業が自然資本に依存していることを認識し、パーム油の調達に関しては原産地の森林破壊ゼロを支持します。

① 農園およびサプライヤーが、RSPOの原則と基準(※3)に合致していることを確認します。
② 原産地の森林破壊ゼロを確認します。
③ 原産地のトレーサビリティを確保します。
④ RSPO・農園・サプライヤー・NGO・専門家および第3者機関など、さまざまなステークホルダーと連携します。


※1 RSPO
Roundtable on Sustainable Palm Oil(持続可能なパーム油のための円卓会議)
RSPO(持続可能なパーム油のための円卓会議)とは?
国際的な認証制度の事で、7つの環境関係団体が設立した非営利組織です。世界各地で行われているパーム油の生産が、熱帯林の保全やそこに生息する生物の多様性、森林に依存する人々の暮らしに悪影響を及ぼさないよう持続可能なパーム油の生産と利用を促進することを目的としています。RSPOの認証を受けたパーム油は、公正な労働条件、地域住民の土地と地権の保護、原生林の伐採禁止、プランテーション内の野生生物の保護などをクリアしている事を第三者機関で確認・認証していることを示しており、日本でも固定価格買取制度(FIT制度)の適用条件としています。

※2 HISの基本方針に従います
https://www.his.co.jp/csr/agenda/

※3 原則と基準
Principles and Criteria for the production of the sustainable palm oil
資料(2.4MB)

発電所

HIS角田バイオマスパーク

日本初のパーム油を燃料としたコンバインドサイクル発電所です。9,789kWのディーゼルエンジン発電機4台で発電し、さらにその排熱を利用して1,940kWの蒸気タービンで発電をおこなう総出力41,100kWのバイオマス発電設備です。本来、発電所は燃料を使って発電するに留まりますが、私たちが目指す発電所は「地域と共に創る発電所」です。発電により発生した排熱で蒸気タービンを回しもう一度電気をつくり、更に余った熱を利用し角田市に新たな産業を生み出したいと考えています。

発電所概要

試運転開始 2019年 秋
所在地 宮城県角田市
梶賀字高畑北174番地 他
敷地面積 18,170㎡
設備出力 41,100kW
推定年間発電量 350GWh

発電所東側イメージ 発電所東側イメージ ディーゼル発電建屋 燃料タンク 水処理施設
(受水槽・排水処理設備)
排ガス補機建屋 ISOタンク
(燃料輸送タンク)
脱硝装置 排気消音器 排熱回収ボイラー 排気煙突

マークが付いているものは説明が表示されます。

発電所西側イメージ 発電所西側イメージ 蒸気タービン発電建屋 調整池
(雨水)
フェンス
(外周)
事務所 緑地 監視制御室 変電所 送電鉄塔

マークが付いているものは説明が表示されます。

発電所スケジュール

採用情報


現在、下記の職種を募集しております。
応募に関しては、詳細画面をご覧ください。

バイオマス発電所の運転管理・整備の責任者(候補)

詳細を見る

印刷用PDFをダウンロードする

バイオマス発電所の運転管理・整備

詳細を見る

印刷用PDFをダウンロードする

HISエネルギーホールディングス

HISグループは旅行事業を主軸事業とし、ホテル事業・テーマパーク事業・エネルギー事業など幅広い事業を手掛けています。旅行事業は平和産業であり、世の中が平和でなければ産業が成り立ちません。世界には様々な国・人種・文化・宗教があり、異なる考えが同居していますが、その垣根を越えて多くの人が相互理解を深める事こそ世界平和につながります。HISエネルギーホールディングスは微力ながらエネルギー事業により人類の創造的発展と世界平和に寄与していきます。

ホテル事業・テーマパーク事業

エネルギーで地球が抱える悩みを解決したい

エネルギー事業は世界に対して大きな役割を担っています。膨張を続ける経済、大量消費を支えたのもエネルギーですが、 残念ながら環境保護という言葉を生んだきっかけもエネルギーによるものです。地球が抱える悩みが経済成長・社会的包摂・環境保護だとすると、エネルギー事業は多くのことを解決できる事業であると考えています。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

産業革命とエネルギー

それぞれの時代を支えた産業はエネルギーと密接に関わっています。人力や馬力の歴史から始まり、蒸気機関を動力源とした産業革命は、今や自動化から自立化の時代に入っています。これまでエネルギーによって多くの人々の生活を豊かにし、時代をつないできましたが、今後はエネルギーそのものの変化が必要であり、次に訪れる革命はエネルギー革命と言われています。HISエネルギーホールディングスはこの時代の変化に対応し、限りない人類を未来へつないでいくために事業を拡大していきます。

産業革命

ホールディングス体制

HISエネルギーホールディングス

新電力

HTBエナジー株式会社

HTBエナジー株式会社は、ハウステンボスから生まれたエネルギー会社です。新電力(PPS)会社として、エネルギーコスト削減を提案し、地球環境問題に積極的に取組むことで人々の豊かな生活と地球環境の調和を目指します。

WEBサイトはこちら

会社情報

会社概要

社名 HIS SUPER 電力株式会社
設立日 2017年(平成29年)3月22日
資本金 5,000万円(2019年4月1日現在)
所在地 〒163-6029
東京都新宿区西新宿 6-8-1
住友不動産新宿オークタワー 29F
事業内容 再生可能なエネルギーを
活用した発電事業、開発、運営
詳細は「事業内容」セクション
をご参照ください。
役員 取締役会長 澤田 秀雄
代表取締役 赤尾昇平
取締役 中谷 茂
取締役 鈴山 直樹
監査役 関田 園子
HIS SUPER電力

HIS SUPER 電力株式会社

〒163-6029
東京都新宿区西新宿 6-8-1
住友不動産新宿オークタワー 29F
03-6863-9663(平日 10:00~18:00)